飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム東海」

ヘッドライン

ちょっぴり贅沢な焼きたて食パンを食卓に!GENGEグループが“みみ”まで美味しい「焼きたて食パン専門店 ぱんみみ」を10月2日(月)に堂々オープン!


 名古屋を中心に和食ダイニングなど数店舗を展開する、株式会社GENGE CORPORATIONが運営する“みみ”まで美味しいパン「焼きたて食パン専門店 ぱんみみ」が2017年10月2日(月)にオープンした。同グループが運営する店舗は、手作り豆腐や、豆乳しゃぶしゃぶなどが人気の和食ダイニング、まぐろ料理専門店、また、キリンビールと共同開発したビアレストランなど、幅広いスタイルの飲食店が多い。店舗展開としては全く新しい領域に、これまでとは違う業態である“食パン専門店”をオープンさせた理由を聞くと、「美味しいパンが焼けるようになったから」と何ともシンプルな答えが返ってきた。

 調理の手間などを考慮して、特に朝食にパンを食べる一人暮らし層や家庭が増えてきた昨今。素材や製法にとことんこだわった高級食パンも人気沸騰中で、少し高くても美味しいものをと消費者の需要も伸びている。しかし、同店のコンセプトは他と違い「高級食パンではなく、どこでも買える安い食パンでもなく“日常使いできる少しリッチな食パン”」だ。毎日食べても飽きないシンプルな味、そして“みみ”まで美味しい食パンこそが、同店の目指す日常使いできる少しリッチな食パンである。
 
 オススメは、人気No.1商品でもある「レギュラー/1斤330円」。ぱんみみが誇る自慢の食パンで、みみはパリッと香ばしく、ふんわり&もっちりを両立させた生地の食感が魅力の食パンだ。他にも、ちょっとだけリッチ「プレミアム/1斤450円」は、ぱんみみ最高峰の食パンで、信州産&北海道産の小麦を独自にブレンドし厳選した国産素材を使用して焼き上げた贅沢な一品。もちろん、どの商品も店舗で毎日焼き上げているからどれもふっくら新鮮!食パンに合わせて名古屋小倉あん/600円(190g)もぜひオススメしたい。創業文久2年の歴史を持つ名古屋の老舗和菓子屋「松河屋老舗」と何度も試行錯誤を重ねて商品化した小倉あんは、甘味も上品で後味が良いのが特徴。ぱんみみ自慢の食パンと合わせて食べると絶品なハーモニーを生み出し、簡単な朝食も華やかにしてくれること間違いない。

 美味しいパンが焼けるようになったからという理由の他に、GENGEグループの新たな取組みとして「働き方改革」があり、女性が活躍できる場所を増やしたいという想いも込められている。今後は食パン専門店として、食パンを使ったサンドイッチなど、調理パンなどの販売も検討しているそう。お客さまの声に耳を傾ける「ぱんみみ」は、社会にも耳を傾け、人に優しい、人を笑顔にしてくれる美味しいパンで日本の朝食を変える第一歩を踏み出した。

店舗データ

店名 焼きたて食パン専門店 ぱんみみ
住所 〒460-0008名古屋市中区栄4丁目6-3ピボットビル東新町1F
アクセス 東新町交差点から広小路通沿い西へ100m南側
電話 052-241-8033
営業時間 10:00am-8:00pm(食パンが完売次第閉店)
定休日 日曜定休
坪数客数 20.6坪
客単価 約800円
運営会社 株式会社 GENGE CORPORATION
オープン日 2017年10月2日
関連リンク HP

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM TOKAI INC. All Rights Reserved.