飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム東海」

ヘッドライン

GENGEグループとキリンビールが共同開発したビアレストランの2号店”BeerSTA New NAGOYA(ビアスタニューナゴヤ)”が、6月1日名駅エリアに堂々オープン!


名古屋を中心に、和食ダイニングなど数店舗を展開する、株式会社GENGE CORPORATIONとキリンビールが共同開発したビアレストランが、6月1日キャッスルプラザB1にオープンした

同店は、熟成肉ステーキや最高品質ビールが、最先端のNYスタイルのスタイリッシュな空間で楽しめる、新栄の”BeerSTA 1888”の2号店で、1号店同様、上質なお肉と美味しいビールが味わえるのは変わらないが、進化系名古屋飯も楽しめるのが同店の特徴である。

進化系名古屋飯とは、手羽先、あんかけパスタ、味噌カツといった一般的に知られる名古屋飯をアレンジして進化させた新しいメニューで、3種類の変わったスパイスで味わえる手羽先、カツを大きく伸ばしたなごカツや、汁なし台湾ラーメンなどメニューは様々。中でもオススメは、元祖あんかけスパゲティで有名なスパゲティハウスの横井氏とコラボして作った、大きなカツにヨコイのミラネーズソースをかけて食べるナゴカツヨコイ(¥1,400)。大きなカツにミラネーズソースをかけて食べる、食べ応えのある一品に仕上がっている。どの料理もGENGEならではの名古屋飯に仕上がっているので、一般的なコテコテの名古屋飯との違いをぜひ味わってほしいものだ。他にオススメしたい料理は、やっぱりお肉!ビアスタ名物でもある、仔豚の背中のお肉を自家製BBQソースで焼き上げたベイビーバックリブロースト(フル¥5,580/ハーフ¥2,880)は、ビールとの相性も良く肉好きにはたまらない一品。他にも氷温熟成キューブロールステーキ(¥3,280)もオススメ。オーストラリアの大地が育む0℃で熟成された赤身のお肉で、好みのソースを選んで食べることができる。

今回も店舗デザインは、神谷デザインが担当。細部までこだわって作られたスタイリッシュでおしゃれな空間にもぜひ注目して欲しい。90のテーブル席が用意されており、ゆったりとした心地よい空間で、美味しいビールと料理が味わえる。100人までの貸切もOKで、お酒を飲みながらわいわいと賑やかに美味しい料理が味わえ、仲間との食事だけでなく、大小様々なパーティにも最適な空間になっている。

株式会社GENGE CORPORATIONが運営する店は、どの店も人気を集めている。それは、料理の味だけでなく、空間やホスピタリティにこだわり、その場所に住んでいる人の顔、地域の顔を見て、店舗づくりをしているからだ。GENGEグループの理念でもある「ありがとうでいっぱいにする。優しい店舗作り」を、変わらず続けている同店ならではの魅力を、ぜひ店に足を運んで感じて欲しい。

店舗データ

店名 BeerSTA NewNAGOYA(ビアスタニューナゴヤ)
住所 〒450-0002愛知県名古屋市中村区名駅4-3-25キャッスルプラザB1
アクセス JR 名古屋駅 徒歩5分
電話 052-485-7123
営業時間 ランチ: 11:30am-2:30pm(L.O. 2:00)、ディナー: 5:00pm-0:00am(L.O. 11:00)
定休日 日曜定休
坪数客数 約70坪 90席
客単価 ランチ/1000円、ディナー/3800円
運営会社 株式会社 GENGE CORPORATION
オープン日 2017年6月1日
関連リンク HP

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM TOKAI INC. All Rights Reserved.