飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム東海」

ヘッドライン

自社漁船で釣り上げた美味しい魚を毎日名古屋に直送!日本海の海の幸や新潟の味がとことん味わえる「一六水産食堂」の魅力に注目!


 今回紹介する店は、名古屋駅から徒歩3分という好立地にある「一六水産食堂」。同店は、きときと 釣谷鮮魚店などを手掛ける、株式会社きときとが運営する店舗で、とにかく美味しい魚や新潟産にこだわった食材が楽しめる店だ。

 「新潟・佐渡島を中心とした漁港で目利きした鮮度抜群の鮮魚や、新潟県産のこだわりのお米や日本酒、肉など、新潟ならではの郷土料理を名古屋のお客様へリーズナブルにお届けすること」をコンセプトに、食を通して新潟を味わい、新潟の想いや、生産者の顔が思い浮かぶような、そんな食事が楽しめるのが同店の魅力。

 名駅から徒歩3分という、数多くの飲食店が立ち並ぶ地域に位置する同店は、ビルの6階にあり、広々とした空間が印象的な落ち着いた雰囲気の店だ。店内には壁が少なく、カウンター席の目の前に調理場があり、ここでは目の前で豪快な職人の包丁さばきなども食事と一緒に楽しむことができる。テーブル席や個室、掘りごたつ席なども用意されており、人数やシーンによって選ぶこともできる。

 料理は店のコンセプトにあるように、新潟県産の食材にこだわり、海の幸はもちろん、魚沼産コシヒカリといったお米、さらに村上牛と呼ばれる、最高位の名誉賞を受賞したA-4、B-4ランク以上の黒毛和牛を用意しており、新潟の贅沢な素材を活かした新潟の味を楽しむことができる。オススメは、本日の目利き刺身5種盛り(¥1,980)。その日に釣り上げられた魚や、目利きで仕入れた鮮魚が味わえる贅沢な一品で、海の幸を味わいたいならぜひオーダーして欲しい料理だ。他にも、同店名物でもある、のどくろの塩焼き(¥2,800)がオススメで、市場では高級魚として扱われ、白身魚とは思えないほど脂がしっかりのったのどくろは、肉を食べているかの様に食べ応えも十分ある。また、村上牛を贅沢に使った村上牛すき煮(¥980)も忘れずに味わってもらいたい一品。名誉賞を受賞した高品質な黒毛和牛は、和牛本来の肉の味を贅沢に堪能できること間違いない。

 新潟の味というとピンとくるのはコシヒカリといったお米かもしれないが、同店では、魚や肉、他にもへぎそばや日本酒など、とにかくとことん新潟を味わえ、食を通して新潟を知ることもできる。数多くの飲食店が並ぶ名古屋駅周辺で、これだけ新潟にこだわったコンセプトの元運営している店は同店だけかもしれない。食を通して文化を知る!そんなことが叶う同店の魅力を名古屋を行き交う人々にぜひ味わって欲しい。

店舗データ

店名 一六水産食堂
住所 愛知県名古屋市中村区名駅2-36-8 知多屋名塩ビル 6F
アクセス JR、あおなみ線、地下鉄各線、近鉄、名鉄「名古屋駅」より徒歩3分
電話 予約専用/050-5263-4960  お問合せ専用052-462-8883
営業時間 月~土/ランチ11:00~14:00(L.O.13:45)、ディナー/17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 年中無休(年末、夏季休暇有り)
坪数客数 77席 (カウンター7席、個室22席、テーブル20席、掘りごたつ28席)
客単価 ランチ/1200円、ディナー/6000円
運営会社 株式会社きときと
関連リンク ぐるなび

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM TOKAI INC. All Rights Reserved.