飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム東海」

ヘッドライン

魚屋の台所!?魚屋30年の目利きで仕入れる鮮魚と鯨料理が人気の「下の一色」に注目!

simono_01-thumb-214x161-776.jpg
simono_02-thumb-214x143-777.jpg
simono_03-thumb-214x142-778.jpg
simono_04-thumb-214x144-779.jpg
simono_05-thumb-214x152-780.jpg

 今回紹介する店は、30年程前に魚屋としてスタートし、今や飲食店を名古屋に3店舗、魚卸や小売をネットショップで運営している、鮮度抜群の魚や、希少な鯨料理が自慢の「下の一色」だ。同店は、魚屋が直営する飲食店だけあり、名古屋にいながら全国の旨い鮮度抜群の魚が楽しめる。店内には、魚介の販売コーナーや生簀があり、魚屋を思わせる活気ある雰囲気で、1階はカウンター席や座敷が48席、2階は50席と宴会やパーティでも利用できるよう、十分なスペースが用意されている。また、6月~10月には期間限定で屋上をビアガーデンとして開放し、海鮮バーベキュー付き飲み放題コース(4000円)や、おつまみの盛り合わせと飲み放題で(2000円)のちょいのみコースも用意されている。料理のメインは何と言っても鮮魚!魚屋だから魚介の鮮度は抜群で、ここに来れば質の良い魚はもちろん、その日一番安くて旨い魚を味わうことができる。オススメは一日15食限定の海鮮丼や本日のまかない丼(680円)※ランチのみ。魚屋が仕入れる選りすぐりのネタが丼ぶりで味わえ、値段がお手頃なのも魅力だ! そして、同店が力を入れている鯨料理もオススメしたい。鯨のみで言えば名古屋No.1の取り扱いを誇り、調査捕鯨と言い、クジラがどんなものを食べ、どのように育つかなど、鯨の生態を科学的に調査する為に捕まえられた、南氷洋のミンク鯨のみを仕入れ提供している。さらに、市場を介さず、国内唯一の捕鯨船所有企業と直接取引しているから、安全で上質な品をはじめ、一般では手に入りにくい部位もここで味わうことができる。人気は鯨ベーコンや鯨ユッケ(680円)や鯨の刺盛り3種(1,500円)だ。刺盛りには、赤身や皮、鯨のトロ部分である体温で溶ける脂が特徴的な鹿の子が味わえる。また、客の要望から生まれたという鯨のレアステーキ丼(680円)も是非味わって欲しい。ここでしか味わえない鯨肉を気軽な丼で堪能できる逸品だ。鯨料理は昔から日本独自の食文化がある。昨今では美容にも良いと言われ、他の食肉と比べて、高たんぱく・低脂肪・低カロリーと三拍子そろった体に良い健康美容食としても大変注目されている鯨肉。魚屋だから提供できる商品とサービスで、今後も客を満足させたいと意気込む同店。鮮魚はもちろん希少な鯨料理で、さらに魚好きが集まる店として注目を集めて欲しいものだ。 

(取材=藤川)

店舗データ

店名 下の一色 本店
住所 愛知県名古屋市中区新栄1-49-1
アクセス 地下鉄鶴舞線・JR中央線鶴舞駅2・3番出口より徒歩10分
電話 052-269-3251
営業時間 【平日・土・祝前】 ランチ 11:30~14:00 (L.O.13:30)、ディナー 17:00~23:00 (L.O.22:30)【日・祝】 ランチ 12:00~14:30 (L.O.14:00)、ディナー 17:00~22:30 (L.O.22:00)
定休日 不定休
坪数客数 1F/48席、2F/50席、6月~10月の期間限定で屋上はビアガーデンとしてオープン
客単価 夜4,000円、昼680円
関連リンク グルメGYAO
関連リンク HP

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM TOKAI INC. All Rights Reserved.