飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム東海」

ヘッドライン

餃子の見方が変わる!?今までにないこだわり餃子専門店 製皮所「味香多(みかた)」が矢場町に堂々オープン!!

mikata_01-thumb-214x285-719.jpg
mikata_02-thumb-214x156-720.jpg
mikata_03-thumb-214x143-721.jpg
mikata_04-thumb-214x321-722.jpg

2011年12月1日、矢場町駅から歩いて2分という場所に、餃子専門店 製皮所「味香多(みかた)」がオープンした。名古屋ではチェーン店以外での餃子専門店は珍しく、元々餃子好きだったオーナーが、チェーン店や家庭の味でもない、美味しい餃子店を名古屋でも流行らせたいという思いから同店をオープンさせた。気になる餃子は「今までにない餃子で餃子の見方を変えたい!」と、何度も何度も試行錯誤を重ね出来上がったもので、特徴は大きく4つ。まず一つ目は皮。厳選された2種類の小麦粉をブレンドし、その日の気温や湿度によって加水量や寝かせる時間を調節し、皮だけ食べても美味しいように薄いのにもっちりとした皮を作り上げた。また、この皮は餃子の種類によって生地の配合や厚みも変えているので、どの餃子を食べても違った味わいを楽しむことができる。次に具材だ。餃子に使用する食材は、知り合いの農家から一番良い状態の野菜を直接仕入れ、店に納品された後も、質を落とさないよう徹底して温度管理をしている。このように管理された白菜は、水分を除いた状態で丸一日寝かせ、肉汁を十分吸える状態に下準備されている。そして、これに加えるニンニク醤油も、食べても臭わないようと、蒸した後に軽く揚げたニンニクを醤油に漬け込んだものを使用している。全てに妥協を許さず準備された具材は、香り豊かでジューシーなものに仕上がっている。3つ目は焼き方。油の代わりにラードを使用し、火を通す時間や蒸し焼きにする時間に注意しながら、こんがりカリッとなるよう焼き上げられる。そして最後は餃子のタレだ。好みに合わせて選べる、濃厚タレと薄口タレ。そして、そのタレに加えるコクのある自家製ラー油。どれも自家製で餃子や好みに合わせて楽しむことができ、皮から具材、タレに至るまでトコトン自家製にこだわり今までにない餃子を完成させた。このこだわり餃子は、焼き餃子(420円/6個)・1日限定15食の生餃子(420円/4個)・水餃子(420円/6個)・スープ餃子(450円/6個)の全4種。一番人気はこんがり焼けた皮とジューシーな具材が癖になる焼き餃子だ。この焼き餃子には5100分の1という確率で金のタマゴ(うずらの卵)が隠されており、ラッキーにもこの金のタマゴが入った餃子が当たると、その日の飲食代が半額になるという嬉しいサービスも人気の秘密となっている。他にも、肉もやし(290円)や陳麻婆豆腐(690円)といったサイドメニューも人気で、ぜひ餃子と一緒に楽しんでもらいたい。また、餃子のお供にびっこり(820円/1本)もおススメしたい。びっこりという名は注ぐと液体がフローズンになるびっくりするマッコリからきており、餃子との相性を考慮し味はさっぱり、飲み口は新感覚と二度楽しめるマッコリだ。オープンして間もない同店だが、今や行列のできる店として成長しているそう。また、現在は焚き餃子を新メニューとして考案中とのこと。新たな価値観を与えるべく、今までにないこだわり抜いた同店の餃子がどう受け入れられ、名古屋を代表する餃子専門店になっていくのか今後に注目したい。 

(取材=藤川)

店舗データ

店名 味香多
住所 名古屋市中区大須4-1-20 1F
アクセス 地下鉄名城線矢場町駅より徒歩2分
電話 052-243-5100
営業時間 17:10~1:00
定休日 年中無休
坪数客数 26坪・36席
客単価 2,200円
関連リンク HP
関連リンク 食べログ

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM TOKAI INC. All Rights Reserved.