飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム東海」

ヘッドライン

上質なワインとピザ職人が作るピザを気軽に楽しめるイタリアン大衆居酒屋「Seconda Bambina」がオープン

外観_R-thumb-214x321-593.jpg
内観_R-thumb-214x321-594.jpg
内観2_R-thumb-214x160-595.jpg
ピザ_R-thumb-214x143-597.jpg
料理_R-thumb-214x321-598.jpg

 名古屋駅から徒歩5分というアクセス良好の場所に2011年4月オープンしたのが「セコンダバンビーナ」だ。店に一歩入ると壁面に並んだワインボトルに圧倒される。イタリアの大衆食堂をイメージして作られた店内は、あえてテーブルもこぶりで通路もせまく設計されている。見知らぬお客さん同士でも自然とコミュニケーションが取れるようにと考えられた。 この店のコンセプトは「安くて美味しいワインとピザが楽しめる店」だ。日本ではどうしても上品で高級なイメージのあるワインだが、本場イタリアのように気取らず毎日飲めるお酒として楽しんでもらいたいそう。店内にあるワインは全部で51種類。ボトルでも1680円からと驚きの価格。毎日飲んでもお財布に優しい価格だ。そして料理のメインはピザ。同店には専属の「ピッツアイオーロ」と呼ばれるピザ職人が常駐している。本場ナポリから輸入した粉を毎日の気温や湿度で配合を変えながら、職人の経験と勘で作り上げるこだわりのピザ生地は格別。厚みがあるのに軽くてサクッとしている自慢のピザは絶対に食べておきたい。人気はやはり定番のマルゲリータ系。980円からとこちらもお手頃価格だ。  イタリアンの料理店としては珍しく男性客が多いのも同店の特徴。ディナータイムで多い時は店内のほとんどが男性客のことも。お手頃価格のワインとガツンと食べられるピザが、日常での「ちょっと一杯飲んで帰ろう」と立ち寄るサラリーマンに人気だ。  今後はワインのバリエーションを次々と入れ替えていきたいとのこと。イタリアから直接買い付けをして日本では同店でしか飲めないワインも登場予定。店のサブタイトルを「名古屋ワイン倶楽部」と銘打つ同店の登場で上品なイメージが強い名古屋のワイン文化が大きく大衆的なイメージに変わるか、今後も目が離せない。

(取材=中村京子)

店舗データ

店名 Seconda Bambina PIZZEERIA-GRIGLIA
住所 名古屋市中村区名駅3-23-14
アクセス 名古屋駅から徒歩5分
電話 052-561-9990
営業時間 ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00)
ディナー 月~木 17:00~0:00(L.O.23:30) 、金・土 17:00~2:00(L.O.1:30)
定休日 日曜日(7月以降は年中無休予定 詳しくは店舗に確認を)
坪数客数 30坪・48席
客単価 ランチ 900円、ディナー 3000円

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM TOKAI INC. All Rights Reserved.