飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム東海」

ヘッドライン

泣く子も黙る超繁盛店「博多一風堂」が、7月23日(金)名古屋市内3店舗目となる「名古屋栄ブロッサ店」をオープン!

ichi2-thumb-640x480-325.jpg
ichi1-thumb-640x480-327.jpg
ichi3-thumb-480x640-329.jpg
ichi4-thumb-480x640-331.jpg

名古屋でも根強いファンが多い、博多ラーメンの「博多 一風堂」(株式会社 力の源カンパニー、福岡市中央区、代表取締役:河原成美氏)が、ついに名古屋3店舗目となる「名古屋栄ブロッサ店」をオープン。アーバンネットビルという名古屋を代表するビジネスビルの地下、なおかつ地下鉄久屋大通駅直結というアクセスの良さもあり、名古屋のラーメンファンから熱い注目を集めている。   商品構成は、1985年の1号店オープンから受け継がれる、豚の臭みを取り除いた豚骨ラーメンを主軸とした、「白丸」(700~750円)、「赤丸」(800~850円)が2大看板メニュー。他にも、白丸をベースに数種類のスパイスをブレンドしたからか味噌をトッピングした「からか麺」(900~950円)などが人気だ。サイドメニューは「博多ひとくち餃子」(420円)などの一品ものが5品、ごはんものが3品。商品数を絞り込んで店のコンセプトを明確に打ち出したことが、同店のファン増加と、オペレーションの安定化に繋がっているようだ。   代表の河原氏は、「ラーメンが美味しいのは当たり前。僕たちはサービス、クオリティ、志を持って、お客様に感謝の気持ちを伝えていきたい」と語る。一風堂ファンが多い名古屋地区に、ずっと3店舗目、4店舗目を出すことを夢見てきたと語る河原氏の目には、ラーメン店を媒体として地域にコミットしたいという熱い思いが宿っていた。   超有名、超人気店だけに、今回の新店オープンは名古屋市民からの期待度が高い。名古屋の熱烈なラーメンファンから「待ってました!」と両手を挙げて迎え入れられるのか、今後の動向に注目したい。 

(取材=佐藤 江美)

店舗データ

店名 博多 一風堂 名古屋栄ブロッサ店
住所 名古屋市東区東桜1-1-10 アーバンネット名古屋ビル ブロッサB1
アクセス 地下鉄桜通線・名城線久屋大通駅5A出口より徒歩1分、名鉄瀬戸線栄町駅より徒歩7分
電話 052-950-5251
営業時間 11:00~24:00
定休日 年末年始
坪数客数 28坪・42席
客単価 900円
運営会社 株式会社力の源カンパニー
関連リンク 博多 一風堂

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM TOKAI INC. All Rights Reserved.