飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム東海」

ヘッドライン

博多からモツ鍋店を丸ごと一軒名古屋に!よりリアルに本場の味を届ける和牛モツ鍋専門店「なべ音」の魅力とは?!

nabene_exterior_100705_4p-thumb-600x450-60.jpg
nabene_nabe-menu_100705_4p-thumb-640x480-62.jpg
nabene_interior_100705_4p-thumb-640x480-64.jpg
nabene_mr-nagase_100705_4-thumb-214x285-66.jpg

2年前(2008年9月)にオープンし、名古屋女性たちを虜にしているのがモツ鍋専門店「なべ音」。IT企業(有限会社メディアプランニング 代表取締役 長瀬忠弘氏)の経営店舗だが、厨房は博多の男5人衆が切り盛りし、本格的な和牛モツ鍋を提供している。
博多出身の料理人がつくるモツ鍋(一人前 1575円~)のベースは味噌、醤油、塩の三種。全て九州産を使用しており、醤油に関しては400年の歴史を持つタケシゲ醤油を使っている。旨味成分が多く、ほんのり甘い優しい味が魅力だ。また、それぞれのベースによっておすすめの絞めがある。味噌ベースはチーズリゾット、塩ベースならあさりをトッピングし自家製ラーメンで絞める!絞めに何を食べたいかでベースを選ぶのが主流だという。
5月からはランチ(650円~)もスタートし、モツ卵とじ丼は近隣サラリーマンに人気のメニュー。東海エリアならではのカレーうどん文化にも変化球で攻めており、あっさりした味わいのヴィシソワーズ冷やしカレーうどんも好評。サイドメニューも充実しており、博多華味鳥を使用した唐揚げ(945円)は絶品。シンプルな塩味で、仕上げに胡麻油をひとかけする。名古屋のこってり醤油味とは違う、鳥の旨味が味わえる。
白を基調とした店内は、程よくライトダウンされており、ゆったり落ち着ける雰囲気。店づくりに関しても博多から人を呼び寄せ、デザインや施工を手がけるというこだわりぶり。ボサノバやクラブジャズが流れる中、ワインを片手にモツ鍋を食す女子たちの姿が多いのも頷ける。
雰囲気、味と価格のバランスにうるさい名古屋女子たちを今後も楽しませてくれるだろう。

(取材=伏屋 みかこ)

店舗データ

店名 和牛もつ鍋専門店 博多牛もつ なべ音
住所 愛知県名古屋市中区栄3-20-5 第7スカイビル1F
アクセス 地下鉄名城線矢場町駅6番出口より西へ徒歩8分
電話 052-241-4111
営業時間 月~土18:00~24:00(フードL.O.23:00,ドリンクL.O.23:30)
日・祝日17:00~23:00(フードL.O.22:00,ドリンクL.O.22:30)
ランチタイム月~土11:30~14:00
定休日 無休
坪数客数 50坪・59席
客単価 4500円
関連リンク なべ音

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM TOKAI INC. All Rights Reserved.