飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム東海」

特集

vol4.jpg

日本初!飲食店専門居抜き店舗の物件検索サイト『ぶけなび東海』。東京、そして名古屋の飲食店居抜き事情を代表を務める中西氏が語る!

飲食デフレ時代と言われる今、初期投資を抑えた居抜きスタイルが主流となっている。店を売りたい人と買いたい人のマッチングを行う「ぶけなび」が東海エリアでも始動。物件紹介だけでなく、運営・移転・退店までの悩みをスピーディにサポートすることで人気を集めているという。「ぶけなび東海」代表取締役 中西氏に居抜きの現状、今後の展開も含めて語ってもらった。


東京の状況は?



東京の飲食店さんの場合は、ほぼ居抜きと言えるでしょうね。スケルトンでつくるという傾向は少なくなってきています。当初、ぶけなびに問い合わせをされる方は、独立開業の方が多いと予想していました。しかし現状では、ゼネラルチェーンの方がぶけなびを見て、居抜き物件を探していらっしゃいます。皆さん希望される物件は同じです。路面で15~25坪の物件の比較的小さな店に集中しているので、今後は取り合いが加速するでしょうね。

そうなると、物件によっては高値で売れるということですか?



sp4_1.jpgそうですね。そういった条件に当てはまれば、高値になります。売れる物件と売れない物件がはっきりしています。今、一番売れないのは空中階+50坪くらいの大型物件です。非常に動きが悪く、そういった物件はいくらお金がかかっていても売れにくいです。

好立地な物件なのに売ってしまうというのは?



いくら場所が良くても、それは商売のやり方で違いますから。例えば新宿歌舞伎町のど真ん中にあった大手ファーストフードさんでさえ撤退する時代です。都心部の店舗を撤退させ、郊外で新たに出店する傾向がありますね。

大手さんも個人店さんも同じで、初期投資は月商の3倍以内で納めるという考え方が主流です。

東京の方が名古屋へ出店したいという問い合わせはありますか?



チェーン店さんはありますね。ぶけなび東海で担当していますよ。東京で大きく成長された企業は、地方進出を考えていらっしゃいますから。でも、やはりそのエリアの特性を踏まえた物件の善し悪しはなかなか判断できないので、ぶけなび東海と連携しご紹介させていただいています。

ぶけなび東海がオープンしましたが、現状の動きなどを教えてください。



sp4_2.jpg名古屋では情報が友人関係などで回ったり、不動産の方とオーナーさんの関係が非常に密接です。一人のオーナーさんが不動産10社の情報を吸い上げるのが当たり前ですから、そういった方にはレアな物件をご紹介できるよう努めています。

現在のぶけなび東海では、一件目をスタートされるオーナー様、郊外で繁盛店を持ってらっしゃり名古屋への出店を考えているオーナー様などへのマッチングが多いですね。また、サロン経営など他業種の方が飲食へ参入される場合もあります。飲食店を出すのは初めてというオーナー様へは、物件をご紹介するだけではなく、僕たちがお手伝いできることは何でもするという考えです。

東京とのネットワークを活かして、業態に関するご相談などにもお応えします。一件目、二件目のお客様に物件紹介も含めてお手伝いするのがぶけなび東海です。

二件目は難しいと聞きますが、その理由は?



一件目はオーナー自らがお店へ出ますが、二件となると身体は一つしかありませんから、全てを任せないにしても力のウェイトが半々になる、もしくは誰かに任せないといけなくなります。しっかりと人材育成ができていない状態で、二件目を出店するのは非常にリスクが高く、失敗される方が多いのも事実です。

やはり、多店舗展開されている経営者の方は皆さん人材育成に力を注いでいらっしゃいますね。二件目の出店を考えていらっしゃる方には、ちゃんと人が育っている状態なのかもお聞きします。そうでないと、結果として二件目が繁盛店である一件目の足を引っぱり、最終的には両店とも潰れてしまう可能性は大いにありますから。

不動産会社とぶけなびの違いは?



居抜き物件を調査する際、厨房機器や換気、冷暖房、水回りなどは全てプロがチェックしますので、ご紹介する物件で想定できるトラブルについては事前にお伝えした上でフィックスします。例えば、「現状までの使用年数を考えると、半年後には交換が必要になる可能性が高い。そうなった場合、これくらいの予算が必要になりますが、それを踏まえて考えてください」という具合です。

不動産会社さんと契約後にモメる場合が多いので、ぶけなびではそういった情報もオーナー様へお伝えし、ご納得いただいた上でご契約させて頂くので、契約後に改修工事でプラス何十万、何百万必要になってしまった、というズレがないよう努めています。

また、見た目や雰囲気をガラリと変えるポイントを数々の施工実績より把握していますから、ご予算に合わせたローコストでのご提案をさせていただきます。とにかくお客様の店舗が繁盛して頂けるのが一番なので。

業態のアドバイスも積極的に行います。物件の周辺調査はかなり綿密に行いますので、オーナー様がお考えの業態にマッチしているかどうかも踏まえ提案いたします。

不動産会社の場合は、入り口で終わってしまいますが、ぶけなび東海ではメンテナンスも含めて長期でお付き合いさせて頂きます。

大きく違うのは、ぶけなび東海は物件を売るのではなく、造作を売るというところでしょう。造作を売りたい人と買いたい人のマッチングです。

ぶけなび東海さんへ問い合わせれば、物件だけでなくトータルでサポートして頂けるわけですね。



sp4_3.jpgそうです。地方から名古屋に出店される方、また逆に名古屋から地方へ展開される方もそうですし、最近では岐阜のオーナーさんが名古屋を飛び越して東京へ進出される場合なども、東京とのネットワークを活かしたご提案ができると思います。

現在、売りたい人と買いたい人のバランスは?



例えば名駅西口の高架下にある15坪の物件には、20社が手を挙げます。良い物件にはそれくらいの需要はありますね。名古屋の場合は成功できるだろうエリアが東京と比べてまだまだ狭いですから。しかし、例えば円頓寺商店街のような、古くからある商店街が活性化し始めている状況もありますから、面白いと思います。WEBサイトの中でも、そういった注目エリアの情報も今後、充実させていきますのでチェックしてみてください。

 

企業データ

株式会社 ぶけなび東海

本社所在地:名古屋市中区千代田2丁目1番7号

URL: http://tokai.bukenavi.jp/

 

 

特集一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM TOKAI INC. All Rights Reserved.